世界一短いIQテストがおもしろい!制限時間は60秒

受験生のあなたへ

飲む予備校とウワサの受験特化サプリを見つけちゃいました!
おこづかいでも買えちゃうくらい安いのにリピート率97.4%という満足度

塾の心配をする前に、まずはこのサプリを試してみましょう

問題

Q1.
バットとボールは合わせて110円。
バットはボールより100円高い。
では、ボールの値段は?

Q2.
5台のマシンは5分で5個の製品を作る。
では、100台のマシンで100個の製品を作るには何分かかるだろうか?

Q3.
湖にスイレンの花が落ちた。
スイレンは1分経つと2倍に増える。
湖がスイレンでいっぱいになるのに48分かかる。
では、スイレンが湖のちょうど半分になるのに何分かかるだろうか?

さあ、解いてみよう!

ヒントはなし。

少し下にスクロールすると答えがあります。

 

 

 

 

正解

A1.
ボールは5円

A2.
5分

A3.
47分

解説

Q1.バットとボール

多くの人が「10円」と答えて間違えてしまう問題です。

それぞれの正しい値段は

バット:105円
ボール:5円

です。

ボールの値段が10円だと、バットが110円になってしまい「合わせて120円」になってしまいます。

正解は「5円」

Q2.5台のマシン

思わず「100分」と答えたくなるところです。

5台のマシンは5分で5個の製品を作る。

つまり、1台のマシンは5分で1個の製品を作る。

ということは100台のマシンがあれば5分で100個の製品を作れるわけです。

正解は「5分」

Q3.湖のスイレン

「24日」……ではありません。

スイレンは1日で2倍になります。

48日で湖がスイレンでいっぱいになったのなら、湖の半分になるのはその前日。

正解は「47日」

まとめ

実はこの問題に(短時間で)全問正解できる人は多くありません。

ハーバード大学やイェール大学といった世界的超名門校の大学生ですら全問正解は17%しかいませんでした。

この3つの問題はCRT(認知反応テスト)と呼ばれるものです。

もともと人間の認知機能には「すばやく直感で判断する」「ゆっくり論理的に考察する」の2タイプがあり、一般的には「すばやい直感で判断できそうならそうする」傾向にあります。

直感で答えてしまうと間違えやすい問題を設定することで、いかに多くの人がいつも直感に頼っているかをテストするのがCRTの要旨です。

その結果は上記の通り。

あなたは解けましたか?

参考

The World’s Shortest IQ Test is Only Three Questions