当ブログのクイズが「劇場版名探偵コナン」公式サイトで紹介されました!

2018年4月1日。

映画「名探偵コナン ゼロの執行人」特設サイトに、エイプリルフール企画としてクイズ(パズル)が掲載されました。

で。
実はそれ、当ブログの論理クイズが参考にされたものです!!

ッドヤァァァァァァ!!!

というわけで詳細を見て行くぞおおおおお

受験生のあなたへ

飲む予備校とウワサの受験特化サプリを見つけちゃいました!
おこづかいでも買えちゃうくらい安いのにリピート率97.4%という満足度

塾の心配をする前に、まずはこのサプリを試してみましょう

問題全文

サイトのトップページにアクセス制限がかかった!

4月1日未明、大規模爆破事件の容疑者となった毛利小五郎を取り調べるため、警視庁公安部は関係者である妻・妃英理と娘・毛利蘭を参考人であるにも関わらず身柄を拘束した。
公安は小五郎・英理・蘭を別々の部屋に入れ、部屋の扉に3桁のダイヤル錠をかけ、以下の内容を3人に告げた。

  • すべてのダイヤル錠は、共通の数字で解錠できる
  • 正解となる数字は「000〜999」のいずれかである
  • 3桁の数字を合計すると13になる
  • すべての桁の数字が、前の桁の数字以上の数字である
  • 一番左の桁を「1桁目」とした時、蘭には1桁目を、小五郎には2桁目を、英理には3桁目を教えた
  • 解錠は1つの扉につき1回まで、間違えると残念な結果になる

小五郎たちは、防音の部屋に閉じ込められ、いかなるコミュニケーションを取ることはできなかった。
ただし、「いつ誰がダイヤル錠を解錠したか」はリアルタイムで知ることができた。

公安の手荒なやり方に納得できない3人は、自力で脱出を試みた。
しかし開始からしばらく経過したにも関わらず、小五郎たちは誰もダイヤル錠を解錠できなかった。

その状態を冷静に判断した英理は、「正解の数字」が分かりダイヤル錠を解錠した。
続いて、英理の解錠に気が付いた蘭はすぐにダイヤル錠を解錠することができた。
最後に、2人の様子を知り、小五郎がダイヤル錠の解錠に成功!

脱出に成功した3人は公安を問い詰めた。
すると、「今日だけは我らが主役だ」とよくわからない理由で狼狽えたそうだ。
どうやら公安はこのサイトにも不正アクセスをし、小五郎たちを閉じ込めた3桁の数字でサイトをロックしたらしい。

小五郎たちの状況を論理的に推理し、サイト上のロックを解錠せよ!
見事会場に成功すると、公安の真の目的が明らかになる…!?

解説

エイプリルフール答え合わせ

この度は、劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』の
エイプリルフール企画にお付き合い頂きまして、誠にありがとうございます。
ここで、今回の論理クイズの答え合わせをさせて頂きます。

解錠キーは【355】
解く最大のヒントは【解錠した順番】です。

まず、条件にあてはまる数字を書き起こしてみます。

049,058,067,139,148,157,166
229,238,247,256,337,346,355,445

意外と候補が限られてきたなかで
何故最初に三桁目を教えてもらった人物が解錠出来たのか、という論点において考えます。

229であれば上記書き起こした数字の中で、二桁目が【2】の解錠キーは【229】しかありません。
よって、小五郎の解錠キーは【2】ではありません。
同じ考えで、【445】であれば一桁目の数字を教えてもらった蘭がすぐに解錠できなくてはなりません。

ですが、しばらく経っても誰も解錠出来ませんでした。

よって、その様子を待って、英理が解錠出来た、ということは英理の数字は【5】でした。
【5】以外であれば英理が解錠出来るはずがありません。
【445】の可能性が消えた時点で、解錠出来た数字は【355】しかあり得ないということです。

あとは英理と同じ思考で他2人も答えにたどり着いた、という解答です。

いかがでしたでしょうか?
『業火の向日葵』以来の論理クイズ、お楽しみ頂けてましたら幸いです。

公開までもうカウントダウン。
引き続き、劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』を何卒よろしくお願いいたします。

———————–
今回の論理クイズは以下サイト様より
ご許可を得まして、参考にさせて頂きました!

論理クイズ「3人の幼女とダイヤル錠の部屋」を解けたらすごく気持ちいい

ブログ「明日は未来だ!」管理人・ミライジョー様、ありがとうございました。

劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』公式サイトNEWSより引用

元となった問題

「幼女とダイヤル錠の部屋」

まとめ

事前に丁寧なご連絡・ご対応をしてくださった東宝株式会社映像本部の青木様にお礼を申し上げます。
ありがとうございました!

みんな名探偵コナンの映画観に行こう!!!

劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』