世界一周・長期海外旅行の持ち物

世界一周するので持っていくものをまとめました!

基本的に、生活する上での必需品はほとんどの国で現地調達が可能です。

なので日本から持っていくものは最小限にしましょう!

まあぼくは最小限にできなかったんですけどね!!!

バック

メインのバックパック

数年前、キャンプ用に買ったMILLETのバックパックをメインに使いました。

容量は31-40L。

超重量の荷物を背負う世界一周バックパッカーにとって、背中にあたる部分のクッションのクオリティーはとても大事。

男性はもちろん女性にも人気のMILLETだけあって、いたるところに重量分散の工夫がありすごく背負いやすかったです。

高いけれど良い買い物をしておいてよかった。

サブのリュックサック

重くてかさばる一眼レフカメラを持ち歩く身として、どうしても必要だったサブバック。

安価で十分な耐衝撃性を兼ねそなえた製品を選びました。

「高級品のカメラを入れてますよ!!」的な雰囲気をまきちらさない素朴なデザインなので、盗難防止にも役立ってくれるはずです。

ラップトップケース

PCを入れるケース。

「盗んでくれ」と言わんばかりの高級品収納感。

ノートPCを入れる場所がないと気づいたのが出発直前だったので致し方ありませんでした。

旅の計画は早めにしましょう。

靴・ブーツ・シューズ

世界一周の靴はどうしようかと悩んだのですが、あらゆる状況に対応できるトレッキング用のシューズを流用することに。

日本人に多い幅広の足に対応するSIRIOは最高だと思います。

電子機器・ガジェット

ノートPC

MacBook Pro 15インチ。

長期海外旅行者は13インチ以下のMacBookしか持てないみたいな法律があるのかってくらい15インチを持って行く人は皆無なのですが持って行くことにしました。

みんなが持っていかない理由は出発前日に気づきました。

でかいからだ。

結局MacBook用に新たにPCバッグを用意することになって泣きました。

タブレット

iPad。

Macbookに繋いでセカンドディスプレイに。
Kindleで電子書籍を読むブックリーダーに。
必要書類を保存しておく第二のPCに。

心強い相棒です。

iPadはデュアルディスプレイとしての活用が主なので、ノートPCの横に立てて使えるこのスタンドは便利です。

カメラ

総額12万円。
あらゆるシーンに対応できるラインナップ。

……「Kiss X7」。

ああ。わかってる。
こいつはASP-Cだ。

ぼくだってフルサイズ機が欲しかったさ。

「CANON EOS 5D Mark III」とかな。

だがよく考えてみてくれ。

ボディだけで20万円を超えるMark IIIなんか買っちゃった日には

「この最高のカメラに合うレンズを手に入れなければならない!!!」

とか思っちゃうだろ?

世界のあらゆる大絶景を記録に残すための最高峰のレンズも含めたら総額はいくらだ?

オーケイ時間切れだ発表しよう。

こいつがぼくの考えた最強の世界一周カメラだ。

どうだいこのコストパフォーマンス。

あらゆることが可能なフルサイズ。
何でもできる最高峰の標準ズームレンズ。
F1.4のボケ味抜群単焦点レンズ。
完全に星空撮影特化です本当にありがとうございました広角レンズ。

気になるお値段は?

なんと50万円!
わー安いー。

まあ正直ムリすれば買えたかもしれない。
でもやめた。

考えてもみてくれ。
世界一周だぞ?

どうせ盗難に遭う。

東南アジアとかでな。

50万円の超高級品を持ち歩く勇気とパワーはわいてこなかった。

カメラ備品

三脚。

夜景撮影には必須。

重いしでかいしかさばるし、メリットといえば美しい星空の写真が撮れることのみ。

持って行く理由はそれだけで十分です。

NDフィルター。

なんか水面が綺麗に撮れるらしいんで買いました。

PLフィルター。

なんか景色が綺麗に撮れるらしいんで買いました。

レンズフィルター。

いわゆるレンズのプロテクター。

大事なレンズを守れるし防塵にもなるので必須レベルで重宝します。

SDカード。
デジタル一眼レフの必需品。

これがないと写真を記録できません。

カメラのクリーニングセット。

今のところ空気ポンプみたいなやつでホコリを吹き飛ばすスキルしか会得していません。

カメラのシャッターをリモートで切れます。

手ブレ厳禁の夜景撮影時、タイミング合わせが重要な青春感あふれるジャンプの瞬間を切り取る写真だけどカメラマンも一緒に入りたいんだぜ撮影時に役立ちます。

カメラの予備バッテリー。

夜は電池の消耗が激しいらしいので2つ購入。

なかなか高価ですが、バッテリーはトラブルの少ないメーカー純正品をおすすめします。

目隠しテープです。

高価なカメラは持ち歩くだけで盗難のマト。

カメラの高級感を隠すため、「Canon」等のメーカー表記を始めとする白い刻印文字をすべて上記の黒テープで覆い隠しました。

ここからさらにガムテープをべたべた貼ることにより、「どう見てもガラクタのカメラを持ち歩いてる危ないヤツ」というカモフラージュに成功していますたぶん。

アクションカム

みんな大好きGoPro。

これひとつあればダイナミックに疾走する青春を思い出に残せるらしいので購入しました。

正直イキオイで買っちゃったので使いどころに迷うのですが、カナダのウィスラー・ブラッコムスキー場の全長11kmコースに行けたら全力で活用します。

GoProの予備バッテリー。

安さ優先で非メーカー純正品を買ったのでトラブルが起きないよう日々のお祈りが欠かせません。

モバイルルーター

現地SIMでインターネット通信を行う人にとっては必須のモバイルルーター。

どの国のどの通信会社がどの周波数を使っているのか調べるのが面倒すぎたので、手持ちの2つを持って行きました。

これで世界中どこでもネットができるはず!!

モバイルバッテリー

軽い。安い。大容量。
みんな大好きAnkerのモバイルバッテリー。

電源が使えない場所を長時間移動する際、あると便利らしいです。

その他ガジェット

防水・耐衝撃のモバイルハードディスク。

「カメラを盗まれて旅の思い出を紛失しましたァ!」みたいな話はネットでも実際の知り合いでも多すぎるくらい聞いたので、バックアップ用に購入。

あとはクラウドストレージを使えば完璧ですね!

なぜか荷物の中にまぎれこんでいたiPod touch。

かつてiPhoneアプリを作ろうとした時、検証のために買った骨董品。

iPhoneを持っているので本格的に使い道がないのですが、持ってきてしまったので何らかのかたちで活躍させたいです。

日用品

着替え

  • シャツ×2
  • ハーフパンツ×3
  • 下着×3
  • 靴下×3

どう考えても少ないのですが「困ったら後で買えばいいや」と思ってました。

なお写真には写っていないパーカーを3着ほど持っていってます。
壮絶にジャマです。

くるぶし丈の靴下ですが、トレッキングシューズとの相性が最悪なことに気づかなかったので出発後に買い直すハメになりました。

上着

ユニクロ ウルトラライトダウン

コンパクトな防寒着。

洗濯用品

折りたたみバケツ。

軽くてコンパクトに収納できるすごい製品。

これ持っていくと色々はかどるらしいので持っていきました。

これでどこでも洗濯できます!

外国の水道や部屋干しだと匂いがアレらしいので消臭用に購入。

あまりフルーティーでエッセンシャルな香りがしすぎてもアレなので使用には気をつけます。

虫よけ

東南アジア・アフリカ・南米では蚊をはじめとする虫が致命的な病気を媒介するので虫除けは必須です。

とりあえずふりまいてます。

ハッカなので薬品臭がしないのもいいところ。

蚊が怖すぎるのでさらに購入。

これで大丈夫!

その他

衛生的にアレな宿でもこれがあれば快適睡眠!

ジョンソン・エンド・ジョンソン。

膝サポーター6個。
かさばるので全て焼却したい。

なぜ持っていくのかというと出発前から靭帯を損傷しているせいです。

出発する前にあらゆる友人知人からつっこまれたのがこれ。

世界一周者は何らかの楽器を持っていかねばならないという思い込みがあったのですが、世間一般的にはそうではないようです。

旅情あふれる場所でFF9の「いつか帰るところ」を吹くのが夢です。

パッキング時

こんな感じです。

メインのバックパックは12kg。

サブのカメラリュックとPCバックは7kg。

合計19kgを持ち歩いて移動しております。

死ぬほど重いです。

絶対もっとうまいやり方があったと思います。

まとめ

今のところそんな感じです!

何か思い出したり「あったら便利なもの」がわかったりしたら随時追記していきます!