論理クイズ「幼女と8頭のトナカイレース」が推理パズルっぽい

受験生のあなたへ

飲む予備校とウワサの受験特化サプリを見つけちゃいました!
おこづかいでも買えちゃうくらい安いのにリピート率97.4%という満足度

塾の心配をする前に、まずはこのサプリを試してみましょう

問題

毎年、サンタクロースのお供の座を賭けてトナカイたちのレースがおこなれている。

今年は8頭のトナカイ(A〜H)がレースに参加した。

以下はその結果のコメントである。

  • DはAの3つ下の順位だったが、Eよりは上位だった
  • Bは今までで1番の強さを見せた。来年はさらに上位を目指せる
  • Gはほんのわずかな差でHに勝った。この2頭がもっとも接戦だった
  • A, C, F は3位以上を目指していたが、Aだけはそれが叶わなかった
  • B と C の順位の間にいるのは1頭だけ

さて、優勝したのはどのトナカイだろうか?

さあ、解いてみよう!

「推理パズル」にかなり近い形式の問題です。

難易度はそれほど高くありません。

ヒントはなし。

少し下にスクロールすると答えがあります。

 

 

 

 

正解

優勝したのはC

レースの順位:

  1. C
  2. F
  3. B
  4. A
  5. G
  6. H
  7. D
  8. E

解説

最初の着目点

DはAの3つ下の順位だったが、Eよりは上位だった

Dの順位は、Aの3つ下で、Eより上。

ということは、Aの順位は低くとも4位です。
そうでなければDやEが8位の枠を飛び出してしまいます。

F, C, Aは3位以上を目指していたが、Aだけはそれが叶わなかった

Aは1〜3位ではない。

先ほどの記述と合わせてAは4位であることが確定します。

と同時に、Dは7位、Eは8位であることも判明します。

確定したこと:

  1. A
  2. D
  3. E

仲良し2頭

Gはほんのわずかな差でHに勝った。この2頭がもっとも接戦だった

これが意味するのは「GはHより順位が1つ上」。

しかし、

A, C, Fは3位以上を目指していたが、Aだけはそれが叶わなかった

という記述から、1〜3位までにGもHも入る余地がありません。

「順位が連続している2頭」が入れるのは、5〜6位のみ。

すなわちGが5位、Hが6位です。

確定したこと:

  1. A
  2. G
  3. H
  4. D
  5. E

ちょっとひっかけ

さて、最後がすこし厄介です。

この時点でトップ3頭はB, C, Fだと判明しています。

B と C の間にいるのは1頭だけ

から考えると、B と C に挟まれたFが2位です。

では、BとCのどちらが1位でどちらが3位なのか?

最後に残ったコメントを見てみましょう。

Bは今までで1番の強さを見せた。来年はさらに上位を目指せる

Bの順位はまだ上を目指せるもの。
つまり1位ではありません。

したがって、Bは3位、Cが1位です。

確定したこと:

  1. C
  2. F
  3. B
  4. A
  5. G
  6. H
  7. D
  8. E

以上より、優勝したトナカイはCです。

参考

December 2017 Puzzle Periodical – Reindeer Games!