どれを受ければいい?TOEICの種類をわかりやすく解説

英語の資格試験として有名なTOEIC(トイック)ですが、じつはいくつか種類があります。

似たような名称のテストが多く混乱しやすいので、ちがいを分かりやすくまとめました。

日本で実施されているTOEIC試験は以下の5つです。

  1. TOEIC テスト
  2. TOEIC IPテスト
  3. TOEIC Bdidge テスト
  4. TOEIC Speaking & Writing テスト
  5. TOEIC Speaking テスト

それぞれの詳細を見ていきましょう。

※厳密に言うと「TOEIC Writing Test」という種類もありますが、実用性がかなり低いためここでは除きます

TOEIC テスト

いわゆる「ふつうのTOEIC」。

一般的に「TOEIC」というとこの「TOEICテスト」のことを指します。

正式名称は「TOEIC Listening & Reading Test」。

その他、

  • TOEIC L & R
  • TOEIC公式テスト
  • TOEIC公開テスト
  • TOEIC

と呼ばれることもあります。

TOEICテスト詳細一覧表

スコア 990点
問題数 200問
制限時間 120分
試験内容 リスニング(聞く)
リーディング(読む)
受験料 5,725円
試験日 年10回(日曜日)
開催地 全国約80都市
実用度

リスニング(聞く)、リーディング(読む)という2つの英語力を測定します。

知名度がもっとも高く、就職・転職・入試・留学など多くの場面で役立つテストです。
年間10回も開催されているので手軽に受けられるのも魅力のひとつ。

あまりにも実用性が高いので、正直なところこの「TOEICテスト」のことだけ知っていればあとは覚える必要がないくらいです。

TOEIC IPテスト

一言でいうと「団体向けのTOEICテスト」です。

テスト内容はふつうの「TOEICテスト」とまったく同じ。

  • 10名以上の団体受験である
  • 受験料がすこし安い(4,155円)
  • 公認認定証の発行がない

といった細かな差異はありますが、個人受験であるふつうの「TOEICテスト」と基本的には同一。

大学や会社などの「一斉受験」で採用されるテスト形体です。

TOEIC IPテストで獲得したスコアは、もちろん就職や転職の際に使うことができます。
なので特にちがいを気にする必要はありません。

TOEIC Bridgeテスト

TOEICよりも簡単でより日常的なレベルの英語力が試されます。

英語初〜中級者向けのテストです。

TOEIC Bridgeテスト詳細一覧表

スコア 180点
問題数 100問
制限時間 60分
試験内容 リスニング(聞く)
リーディング(読む)
受験料 4,320円
試験日 年4回(日曜日)
開催地 全国13都市
(札幌・東京・大阪など)
実用度
  • 年4回しか実施されない
  • 受験地が少ない
  • 高得点を取っても実用性が低い

などの理由から、あまり人気がありません。

本当の英語初心者の方が「とりあえずTOEICの雰囲気を知るため」に受験するくらいしか活用法がないため、これを受けずにいきなり「TOEICテスト」を受験するのが一般的です。

TOEIC Speaking & Writing テスト

「TOEIC S & W テスト」「TOEIC S&W公開テスト」とも呼ばれる上級者向けのTOEICです。

「TOEICテスト」では行っていないスピーキング(話す)・ライティング(書く)といった分野の英語力がテストされます。

日本人が苦手とする「英語発信力(話す・書く力)」を測れるため、近年では就職・転職の際にこのスコアを重視するところが増えてきました。

「TOEICテスト」で高得点を取った後は、この「TOEIC Speaking & Writing テスト」を受けてみるのもいいでしょう。

他のテストとは異なりパソコンで解答するのが特徴です。

TOEIC Speaking & Writing テスト 詳細一覧表

スコア 400点
問題数 19問
制限時間 80分
試験内容 スピーキング(話す)
ライティング(書く)
受験料 10,260円
試験日 年24回(日曜日)
開催地 全国主要都市
(東京・名古屋・大阪など)
実用度

TOEIC Speaking テスト

英語で「話す」能力をテストできます。

……が、「話す」「書く」能力を同時にテストできる「TOEIC Speaking & Writing テスト」があるので、正直この「TOEIC Speaking テスト」を受けるメリットはほとんどありません。

これを受けるくらいなら「TOEIC Speaking & Writing テスト」を受けましょう。

TOEIC Speaking テスト 詳細一覧表

スコア 200点
問題数 11問
制限時間 20分
試験内容 スピーキング(話す)
受験料 6,804円
試験日 年24回(日曜日)
開催地 専用会場のみ
(東京・名古屋・大阪)
実用度

まとめ:とにかく「TOEICテスト」が大事!

5種類のTOEICのうち、受けるとメリットが大きい3種類を最後にまとめます。

実用度 内容 受験料金
TOEIC テスト 読む/聞く 5,725円
TOEIC IPテスト 読む/聞く 4,155円
TOEIC Speaking & Writing テスト 話す/書く 10,260円

受ける順番は

  1. TOEIC テスト(もしくはTOEIC IP テスト)
  2. TOEIC Speaking & Writing テスト

が鉄板でおすすめです。

まずは「TOEICテスト」
これを受けなければ何も始まりません。
学校や会社主催で団体受験する場合は安くておトクな「TOEIC IPテスト」でも大丈夫です。

次に「TOEIC Speaking & Writing テスト」
正直、「TOEICテスト」で高得点を取っていればほぼ問題ないのですが、職種によってはこっちが必要になることもあります。
外資系・海外営業・国際コミュニケーション系の職を目指すならば強い武器になります。

自分の目的に合ったTOEICを選びましょう。