いつでもテーマを変えたい人のためのWordPress設定ポイント5選

ワードプレスのテーマ変えてますか?

普段から対策しておかないと、テーマ変更はかなり面倒な作業になります。

では、何に気をつければいいのか。

1年に1回ペースでテーマ変更している私が3年目で気づいたポイントをまとめます。

受験生のあなたへ

飲む予備校とウワサの受験特化サプリを見つけちゃいました!
おこづかいでも買えちゃうくらい安いのにリピート率97.4%という満足度

塾の心配をする前に、まずはこのサプリを試してみましょう

なぜWordPressのテーマ変更はめんどうなのか

「そのテーマでしか使えない機能」をたくさん使用している人にとって、テーマ変更は大きな痛みをもたらします。

テーマを変えたとたん、記事のデザインや機能がめちゃくちゃになるからです。

たとえば旧テーマと新テーマで、使用するショートコードが変わる場合。

旧テーマ

シンプルな枠線:[s-box]
関連記事の表示:[kanren-kizi-123]
吹き出しの表示:[fukidasi-3]
新テーマ

シンプルな枠線:[sbox]
関連記事の表示:[kanren-post-123]
吹き出しの表示:[fukimark-3]

新テーマには[s-box]というショートコードが存在しません。
なので、ただ単にテーマを変更した場合、記事には[s-box]という文字列が表示されているだけという状態になります。

元記事のデザインを守るためには、これらを書き換える必要があります。

正規表現を使えればかなりマシですが、使えないと悲劇です。

ちなみに正規表現を使ってラクに書き換えるための前提条件は、

必要なスキル
  • 正規表現の知識がある
  • ふだんから、記事を「正規表現での書き換えに適したもの」にしている
  • 実行前にバックアップを取れる
  • 失敗した時にバックアップから復元できる

の4つです。

対策していないと何が起こるのか

描いた未来
  1. 新しいテーマが出た!
  2. ボタンひとつで乗り替えよう!
  3. 見やすい!
  4. 軽くて早い!
  5. SEOにもマネタイズにも強い!
  6. WordPressはすばらしい!
よくある現実
  1. 新しいテーマが出た!
  2. ボタンひとつで乗り替えよう!
  3. あれ? ページのデザインが白紙状態になってる
  4. ショートコードも使えなくなってる
  5. アクセス解析も広告も出なくなってる
  6. これもしかして全部修正しないといけないの?
  7. 面倒すぎる……あきらめよう

必要な知識

持続可能なWordPressライフのために必須となる知識は以下の5つです。

HTML

Webページをつくる基本的なマークアップ言語。

これを知らないと何もできない。

CSS

Webページをデザインする基本的な言語。

これを知らないとかなり厳しい。

PHP

WordPressを構成するプログラミング言語。

最悪知らなくても何とかなるが、「大量の10円玉しかないけどまぁ買い物はできるよね」的な実情になる。

WordPress

WordPressの構造・特徴の知識。

特に「子テーマ」「functions.php」「ファイル構造」あたりの知識は必須。

正規表現

いくつかの文字列を1つの形式で表現するための表現方法。

知らないとテーマ変更時に地獄を見る。

普段からやるべき対策5選

最初に規約を作っておく

人間は忘れるいきものです。

あるテーマを使い始めた当初はNo.1〜20のショートコードを使っていたのに、3ヶ月後には面倒になってNo.1〜3のショートコードしか使っていない……そしてNo.4〜20を過去記事で使ったことを忘れている。

WordPressあるあるです。
私もよくやります。

こうなるとテーマ変更時にやっかいなことになります。

テーマをかえた瞬間、問題が起こるはずのないページでデザインが大幅に崩れるのです。

実際は「旧テーマでしか使えないコードを使ったことを忘れている」だけなのですが、こうなると不安になって結局すべてのページを目視チェックするか、旧テーマのコードで逐一検索をかけるかしかなくなります。

とてもめんどうです。

なので、最初にコーディング規約表を作っておきましょう。

どんな時に、どんなコードを使うのか。
テーマを変える前に吟味して、実際に使うコードだけをまとめておくのです。
下書き記事にでもリストアップしておきましょう。

ここは時間をかけるべきところです。

いったんまとめておけば、後から見返して
「このコードは使える」
「この機能を使っていたのか、よし置換しよう」
とかんたんに認識できるので、テーマの移行作業が格段にラクになります。

同じ種類の重ねがけは厳禁

ここからは具体的な方法について書いていきます。

まず、ショートコードやタグの取り扱いについては「後から一括で書き換えられる」ようにすることが大事です。

ある要素に適用するショートコード(タグ)は1種類に限定する。

これを基本にすると上手くいきます。
例を挙げましょう。

ダメな例

[box2][box3]サバの味噌煮290円[/box][/box]

本来、[box2]と対応するのは最後の[/box]です。

しかしこの状態で[box2][/box]を普通に置換しようとすると、以下のような状態になります。

ダメな例・置換後

[New][box3]サバの味噌煮290円[/New][/box]

意図した結果とはちがいます。
そしてショートコードの組み合わせによっては、この不整合がバグの原因にもなりかねません。

この現象は、閉じタグが同じショートコードを重層的に使ったことによって起こっています。
普段は問題ないのですが、テーマ変更時の一斉書き換えの時に不具合を招きます。

対策は「同じ種類のショートコード・タグは重ねがけで使わない」こと。

ダメな例

<span class="huto"><span class="big">これなら大きくて太い文字になるね!</span></span>

とかやってたらいけないのです。

実体験です。

使用法を統一する

改行まで含めて、ショートコード・タグの使用法は統一しておきましょう。

次の例を見てください。

HTML

例1:
<div class="sen">お前にとって半額弁当とは何だ?</div>

例2:
<div class="sen">
お前にとって半額弁当とは何だ?
</div> 

一見すると同じテキストです。
ちがうのは、「divタグを改行で区切っているかどうか」ということだけ。

いま、<div class="sen"></div>というタグを書き換えるため、この2つの文章を一度にリストアップしたいとします。

ここで教科書通りに、

正規表現

<div class="sen">.*?</div>

と検索すると、例1しかヒットしません。

正規表現において「.(ピリオド)」は「改行を除く任意の1文字」なので、改行を含む複数行でマッチングさせたい場合、改行も含む任意の1文字を表現する「\s\S」を使わなければいけません。

正しい正規表現

<div class="sen">([\s\S]*?)</div>

こんな感じで「なぜかは分からないが上手く検索できない」という事態が頻繁に起こります。
特に、正規表現では。

そのたびに現状を調査し、原因を特定し、問題を解決するのは非常に大変です。
特に、正規表現では。

「こんなワケのわからない難解な文字列をあつかうくらいなら、手作業でやった方がいい」
「でも手作業だと、すべて終わるには30時間くらいかかる……」

手頃な固い床にヘッドバットを敢行して直近1年間の記憶とともに「テーマを変更したい」という欲望を完全に消去したくなるくらいには十分に厄介です。

画像のサイズは最初に決める

わりとクリティカルなのが、画像のサイズ。

WordPressの左側メニュー「設定」→「メディア」からたどりつけるこの画面には要注意です。

いわゆるこれですね。

記事投稿に用いる画像メディアのサイズを決めるというもの。

画像をアップロードした時、WordPressは「設定済みの複数サイズ」の画像を自動的に生成します。

そして実際に記事内に挿入されるコードは以下のようになります。

HTML

<img src="https://sist8.com/wp-content/uploads/2018/07/media-setting-800x492.png" alt="" width="800" height="492" class="alignnone size-large wp-image-7912" />

上記で表示した画像ファイルのURLの末尾が、元画像を示す
media-setting.png
ではなく、自動生成されたサイズのひとつである
media-setting-800×492.png
であることに注意してください。

これが問題になるのは、サーバの画像を整理するとき。

「ちょっと画像が増えすぎてサーバの容量がアレだ」
「よし、不要なサイズの画像は消そう」

と思いたち、画像の設定サイズを変更した後でプラグイン「Force Regenerate Thumbnails」なんかを使ってしまった日には……。

サイトのほとんどの画像が表示されないという事態に陥ります。

記事内で指定した「800×492」というサイズが消失するからです。

これを防ぐため、なるべく早い段階で「サイトに使用する画像サイズ」はしっかり決めておきましょう。

ちなみに私は、

  • 小:150 × 150
  • 中:300 × 300
  • 大:800 × 800
  • フルサイズ:2000 × 1333

という内訳で2年ほど運用しています。

いずれ来たる4k時代のために元画像は横2000px。
写真が最も映えるサイズ比1.5。

最初に決めたサイズを(特にアイキャッチ画像に関しては)厳守しているため、画像関連で不具合が起きたことは一度もありません。

一括で管理する

  1. てっとりばやく個別に編集する
  2. 時間はかかるが一括で編集する

多くの人は、記事を書くとき前者を選びます。

たとえば、あるカテゴリーにだけ目次を表示したくないとき。

プラグイン「TOC」を導入している場合、「no_toc」というショートコードを記事に入れるだけでその記事は目次が非表示になります。

ラクで、早いです。
なので「no_toc」と書きたくなります。

ですがこういう場合、特定のカテゴリーにはTOCで目次を表示させないという設定を行い、設定項目がないならプログラムを書き、ボタンひとつで一元管理できるようにしましょう。

一括で管理する。

とても大事なことです。
なにか修正したいと思ったとき、修正作業が個々にわたるものだと大変煩雑になります。
一括で管理しているなら、その部分を書き換えればいいだけです。

この強力なメリットは、テーマを変える時などの「修正が必要になった時」にその真価を発揮します。

一括管理していると、修正が本当にラクです。
あとで一気に書き換えられるからです。

記事の最下部に挿入しがちな

みたいなのも、ウィジェットで一元管理して出力しましょう。

まとめ

長々と書いてきましたが、覚えていただきたいのは次の3点です。

だいじなこと
  • 最初に使用法をしっかり決める
  • 機能はひとまず必要最低限に
  • あとで一斉に書き換えられるようにする

「何を使うのか」「何を使わないのか」を決めておくと、実際にテーマを変える時に修正範囲を限定できます。

「どうしても使いたいもの」だけを使うことにより、テーマ移行時の修正範囲を縮小できます。

その上で、「のちのち一度で置換できるようなショートコード・タグの運用」をすることが必須条件です。

「今すぐ乗り換えたい!」と思うような優れたテーマが現れた時、修正が面倒すぎるからという理由であきらめることがないよう、普段からちょっとずつ手間をかけておきましょう。

役に立つ参考書

とりあえずこの3冊を読んでおけばWordPressで困ることはありません。

余裕があればこれもおすすめです。