青年海外協力隊に行きたいWebデザイナーのブログ

宮古島観光

宮古島の吉野海岸で世界最高峰のシュノーケルを楽しもう!

投稿日:2016年8月4日 更新日:

青い空、白い雲、透き通る海、色とりどりの魚たち——。
そんな夢のようなビーチが沖縄にあることをご存知ですか?
今回は、沖縄の宮古島でもひときわ美しいビーチである「吉野海岸」をご紹介します。
超おすすめです。

吉野海岸

吉野海岸は、宮古島の最も東に位置するビーチです。

yoshinokaigan1new

入り口。

駐車場。
利用料は500円。
基本的に入場料はこれだけです。

駐車したらこの小屋に向かい、500円を支払います。

料金を払うとこのようなチケットを渡されます。
「駐車場・施設利用券」です。
何かあったら裏面の電話番号にかければスタッフの方が対応してくださいます。

なお、ビーチへ行くためにはシャトルバスを利用する必要があります。
「ビーチから帰ってくる時は上記の電話番号にかけてください」と説明されますが、シャトルバスは頻繁に行き来しているため、ビーチに携帯電話を持っていかなくても大丈夫です。

自動販売機、トイレ、シャワールーム等の設備が揃っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはレンタルショップ。

シュノーケル、マリンシューズ、フィン、ラッシュガードなど一通りの機材が充実。

しばらく待っているとシャトルバスが到着します。
1〜2分ほどでビーチに着きます。
ビーチにはトイレ・シャワーといった設備がありませんのでご注意を。

ビーチに到着。
海が……美しい……!

売店。
ツアーの受付もやっているようです。ウミガメツアー、シー・スクーター、珊瑚礁ガイドツアーなど。

レンタル料金は以下のとおりです。

パラソル 1,000円
ウェットスーツ 1,000円
ジャケット 500円
シューズ 500円
フィン 500円
シュノーケル 500円
ラッシュガード 500円
水中カメラ 2,000円

売店では飲食物が販売されています。

ビール 300円
お茶 200円
カップ麺 300円
おにぎり 200円
マンゴージュース 200円
オリオン生 400円

吉野ビーチでシュノーケリング

この圧倒的美しさ!
青い空、白い雲、コバルトブルーの海に白い砂浜!
最高ですね!

ビーチの様子。
7月の土日の昼過ぎでしたが、人が少なくて快適です。

それではさっそく潜ってみましょう。
シュノーケルをくわえ、ダイブイン。

透き通った水。
あまりの透明度に「これは夢なのでは」とすら思います。
透明な海水って存在したんですね……。

海中へ。
波打ち際の水がとても暖かく、温水プールにでもいるかのような心地。

さあ行くぞ!

やばい。綺麗すぎる。
「すごい」としか言えません。
言葉では伝わらないその魅力を伝えるために撮りまくった写真をしばらくお楽しみください。

いやあ……絶景ですね。

あまりにも水が綺麗なので海水ではなく真水かと思いました。
透明度は30メートルくらいありそうです。

これらの写真はすべて浅瀬で撮影されたものです。
泳いですぐに、珊瑚礁や色とりどりのカラフルな魚たちを目撃することができます。

そして吉野海岸最大の特徴は、熱帯魚の多さ
浅瀬で泳ぐ熱帯魚の多さ豊富さは、宮古島でも随一のレベルです。
泳いでいたら、いつの間にか体の周りが魚だらけになります。
手を振ったら当たりそうなほど近くまで寄ってきます。
どこまで泳いでも魚と一緒。
すさまじく高い透明度と、大量の魚群……。
吉野海岸が「泳げる水族館」と呼ばれるのも理解できます。

沖縄の海は、やはり最高でした。

鮮やかな南国の木々の緑との対比が美しい眺め。

帰りはシャトルバスで。

駐車場まで美しい景色。

何度でも来たい、日本最高峰のビーチでした。

施設・設備

シャワー 有り
トイレ 有り
更衣室 有り
自動販売機 有り
売店 有り
レンタルショップ 有り
ツアー 有り

アクセス・地図


吉野海岸
沖縄県宮古島市 城辺新城15-38

近くのホテル

プライベート リゾート ホテル Renn
宮古島温泉ホテル
シギラベイサイドスイートアラマンダ

-宮古島観光
-, ,

あなたにおすすめの記事

関連記事

宮古島の穴場ビーチ「間那津海岸」は絶景のシークレットビーチ!

沖縄の宮古島にはシークレットビーチが多くあります。 なぜか知名度は低いけれど絶景が楽しめる穴場スポット。 今回は宮古島北部の「間那津海岸(まなつかいがん)」をご紹介します。 目次1 絶好の穴場ビーチ、 …

沖縄・宮古島の星座まとめ。南天の星空を楽しもう!

星空が好きな方なら一度は見たいと願う、南半球でしか見えない「南天の星座」。 北半球に属する日本では、南天の星を見ることはなかなか難しいものです。 しかし、本州よりはるかに緯度が低く赤道に近い沖縄であれ …

ルートビアという沖縄でしか飲めない炭酸飲料が異次元すぎる

日本では沖縄でしか飲めない、アメリカの炭酸飲料「ルートビア」。 ネットで検索すると「ルートビア まずい」が第一の検索候補に挙がるほど味がアレらしいので、実際に沖縄に行って飲んできました。 目次1 ルー …

沖縄独特の風習「模合(もあい)」について徹底解説!

「今日モアイがあるから」「ちょっとモアイに行ってくる」––沖縄に移住するとたびたび耳にするようになる、「モアイ」という謎のシステム。 もちろんイースター島にある人面を模した石像のことではありません。 …

雪塩って何? 宮古島の雪塩製塩所に行ってきました

雪塩といえば宮古島が誇るパウダーソルト。 「雪塩ちんすこう」に使われていることでもお馴染みです。 地下海水という珍しい資源を利用して生成されるこの雪塩とは、いったいどのようなものなのでしょうか? 宮古 …